アドラー

アドラーはフロイトと途中まで同行していたが…

 オーストリアの精神科医のアルフレッド・アドラー(1870〜1937)が創始しました。アドラーは生まれつき病弱で、病に苦しんだ経験から医者を志します。ウィーン大学卒業後、フロイト(P10)に師事するも、理論上の対立から決別、個人心理学協会を設立します。
 アドラーが強調したのは、劣等感の補償という理論です。幼児期に体験する劣等感が、それを克服しようとする努力を生み出すといいます。とはいえ、適度の劣等感は努力をしようという動機になっても、強すぎる劣等感はそのような意欲を萎えさせてしまうもの。また、甘やかしすぎも建設的な意欲を損なうとも主張しています。

 そしてアドラーは「個々の人間はそれぞれの『ライフ・スタイル』、意味の基本感覚
を発達させるものであり、また神経症が生じるのは(フロイトと違って)この意味が崩
壊し創造的能力が『袋小路』に閉じ込められる時である」と認めており、彼は「人間
心理学の鍵は、意志と自由の理念にある」ことに気づいていたといえる。

 アドラーは精神疾患の考察で、人間意志の生き生きした重要性を認めた。アドラー
の意志を重視する視点はマズロー、フランクル、グラッサー(現実感療法)の先駆とな
り、フランクル、マズロー、ボスらの心理学の新世代の「父」ともいえよう。

 とくにアドラーが重視したのは共同性です。行きすぎた願望は「他人に協力する」という相互社会的な意欲に変わってゆかなければならないという理論です。アドラーは人間には果たすべき3つのタスクがあるとしました。仕事・交友・愛です。まず、仕事によって人間は「自分は社会に貢献している価値ある存在であり、社会の中に位置を占めている」という手応えが必要です。また、他者に関心を持ち、関係し、その関係を調整しなければなりません。そして異性と関係を築き、家庭人としてもやってゆかなければなりません。

 このように、アドラーの主張は人間の成長や社会性を重視していたので、後年、アメリカの教育界に大きな影響を与えました。

クライアントのライフスタイルを理解する

 アドラー派のセラピーでは、幼児期に見た夢や印象的な場面を報告することが奨励されます。セラピストはクライアントのライフスタイルを理解し、その人の人生に適した目標を探します。これは、個人が実現不可能な目標を掲げることにさまざまな病理の源があると考えるからです。

 人は成長するにしたがい、自分の価値観や人生の目標を定めていきますが、これは幼児期の劣等感などによって無意識のうちに影響されている場合が多いようです。そして、そこには往々にして非現実的な目標が含まれています。それを現実的なものへと変えていくことで、心が癒やされるのです。